あの桜並木の下で 小品集 前期

リバーシ

……ちょ、ちょっとタイム。
……。
や……ま、マジで。……やめ………。
……。
ホントホント……カホリさん……か……んべんし……あ……
………っンあ…………
……はい、これで勘弁してあげましょ?
(……ひゅ……ひゅ……)
……っは……
………鬼畜……。
褒め言葉ね。
ま……っさか……。
……くそ……ドS………。
……今さら。
てかこら。寝るんじゃないわよ?
先にヤっときながら……なんて、言いぐさ……。
こうなるの……わかって……たで、しょ?
……ええ、もちろん。
抗えない睡魔に翻弄されるアンタに抱かれるの、アタシ好きだもん。
見てて面白くって。
……ド……
――Sよ、もちろんね。
そしてアンタはドMよねぇ。
眠くて眠くて辛いのに、それでも頑張るものね。
……寝る。
おや?
起きたらヤったげる。
それは却下。明日、ワタシ早いのよね。
……えー……。
あらご不満?
だって……。
じゃ、キスしてよ。
……。
……。
……ふふ……。
ところでさ、ガンタ。
……ぁに?
今回はどういう心境の変化かしら?
は?
珍しくアンタから連絡がくるなんてね。
……べっつにー。
ん………。
……こら。キスで誤魔化さない。
……ちぇ。じゃ、舐めて良い?
アタシは犬と寝てるんじゃないわよ?
カホリさんには降参してるから。
そうねぇ……アンタがこんなにハラ見せるなんて、ちょっとないわねぇ。
……なんか家で嫌なことでもあった?
……別に。
……ね。目、冷めた。ヤろ? もっと遊ぼ?
……ふん。
朝まで寝かさないし(いしし、と笑う)
……それはワタシのセリフよ。
今夜はアンタがくたばるまで付き合ったげる。いらっしゃい。
ん……そーいや、タローはおっぱい卒業した?
……ほとんど……ね……。
てことは、完全には、まだ……なんだ。
あら? ……嫉妬?
さてね……。息子と母親のチチを共有するというのも……ちょっと……って思っただけ。
……ばか。
……。
バカな子ね……。

 たまにはR指定的な(w。
 貴子はあまり抱かれるのは好きではないようですが、たまに興が乗ったときとか、凹んでるのを見透かされて押し倒されてみたりとか。
 ……ま、貴子を押し倒すよーな女傑は、この世に二人、この時点では一人しかおりませんがね(w。

拍手送信フォーム