へっぽこ・ぽこぽこ書架

二次創作・駄っ作置き場。 ―妄想と暴走のおもむくままに―

艦これ駄文。

ヒナセと日向とあきつ丸・軍鳩 

ヒナセと日向とあきつ丸・軍鳩 本文

日向どの、何を作っているのでありますか?
……昨日の夜、鹿屋からファックスで何やら図面が届いてね。
ひと言『作れ』と指令が書いてあったので作っている。
答えになっていないであります。
まぁ、そうなるな。
日向どのは人をすぐ煙に巻くのであります。
そういうわけじゃない。私はこういう言い方しかできないんだ。
だから、提督どのは日向どのを重用しているのでありましょうや。
……さて、どうだかな。
単に便利使いしているだけかもしれんよ。
そうでありましょうか?
さてね。
正直、私もわからない(口元が微かに笑う)
……!
ふふ……。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

……で、誤魔化したの?
そんなことはしていない。何せ何を作るのかまで指示がなかったからな。
図面どおりに作っただけだよ。
いやいや、完璧だねぇ。
これは、明石の引いた図面か?
その通り。よく分かったね。
君は絵心がないからな。
うるさいですよ。……一応、原案は私なんだけどね。
まぁそうだろう。
われわれ艦は、こういう知識は持ち合わせていない。
……で、これは、鶏小屋ではなかったのだな。
似てるかもしれないけど、ゼンゼン違います。
そのようだ。
入っている鳥はニワトリではないようだ。
あまりに小さいし、色が違う。まるでハシビロコウだな、これは。
……ハシビロコウを知ってて、なんでこの鳥を知らないんだよ。
……昔は知ってたかもしれんが、今は分からないな。
あー……。
で、これは、何という鳥だ?
これ? これはね―――
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

……提督どの、これは……。
本部からの依頼でね(ウソです)
実験的に育てて訓練をしてみることになった。
ここで、でありますか?
うん、そう。
……で、私たち海軍は、こういうものの知識は薄いから、君が適任じゃないかって話になってね。
どうかな?
このあきつ丸も、ただ知識を持っているに過ぎませんが、
それで宜しければ、やってみるであります。
それは助かる。
運用はどうお考えでありますか?
運用……ねぇ。
これって、どのくらい飛べるものなの?
昔の記録によりますと、2000km、3000kmというレースがあったということでありますが、
ロスト率もかなり高いという話であります。
ああ、ロストか。うーん……。
ひとまずは、ここから鹿屋まで往復できれば面白いねって話にはなっているんだけど、
将来的には海上の艦と艦を結べるように……なんてできる?
陸上の動く部隊間を移動できる移動鳩というものがいたという話は確かにありますが、
せいぜい数十キロ圏内の話で、海上規模となると、たぶん不可能でありましょう。
ですが、艦から基地に戻らせることは可能であります。
海が大きな障害にはなりますが、本部基地とここと結ぶ往復鳩も、場合によっては不可能ではないと思うのであります。
なるほど。
………。
……? 提督どの?
……じゃ、こいつらは君に任すことにしようか。
まずはできる訓練をしながら数を増やして欲しい。
後日本部から、さらに十数羽送られてくることになっているから、繁殖についてはそれで大丈夫でしょ。
は! 誠心誠意努めさせて頂くであります!
これに伴って、正式に当基地専任艦として内示を出します。
正式辞令は明明後日、ヒトマルマルマルに司令官室に出頭して下さい。
………。
復唱。
は! 明明後日ヒトマルマルマル、司令官室に出頭するであります!
……ああ、日向にこの子らに必要なものを、一覧にして提出してね。
あと、馬の方も。
君が世話をする連中は、基地備品として登録されてるから、統括担当は日向だから。
じゃ、よろしく。
は! 了解であります!
じゃねー。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

……提督、私は確かに基地備品関係の管理をしているが、統括の話も馬鳩の話も、
たった今聞いたのだが?
そーだね、たった今、私が言ったからね。
……まったく、人使い……いや、艦娘遣いが荒いのもいい加減にしてくれ。
私たちは君たち人間と違って、仕事が増えようが、給金が増えるわけじゃないからな。
まー、君らもおおざっぱに言って、海軍の備品だしね。
………。
あいた!
この人でなしめ。
……いったー……今度、パイナップルの穴場を教えてやろうと思ってたのに。
パイナップルはダメだ。
つまみ食いしたら匂いでバレる。
まーそーですよねー。
………。
あいた!!!
……まったくもって、君は、私が今まで会った人間の中でも、もっとも碌でもない人間だ。
……褒め言葉と受け取っておきます。
……ふん。
拍手送信フォーム
Content design of reference source : PHP Labo